社会福祉法人橿原市手をつなぐ育成会

ごあいさつ

地域で普通に暮らせる
環境の整備を目指して。

本会は、3人のお母さんが知的に障がいのあるわが子の幸せを願い、教育、福祉、 就労などの施策の整備、充実を求めて呼びかけたことをきっかけに発足しました。

橿原市手をつなぐ育成会は、障害福祉サービスなどの制度がなく、障がい児・者を受け入れる社会資源の脆弱であった昭和46年に、橿原市内の知的に障がいのある方や発達障がい児・者をもつ子どもの親たちやこれに賛同する方々で組織されました。子どもたちの成長過程における課題や問題に真正面から向き合い、自立した生活を促進する福祉サービスを提供することで、地域で普通に暮らせる環境の整備の支援に努めてきました。

私たちはこれからも、障がいのある方々や家族のニーズに対応し、生涯を通じての支援提供が出来る体制つくりを目指して銳意努力する所存であります。

会長(理事長) 中山 幸子
常務理事兼統括施設長 北川  登

私たちの思い

法人理念

地域で普通に暮らせる環境を整備するため、24時間365日の隙間のない支援を目指します。
ライフスタイル全般を通じた総合的かつ適切な支援を実施することにより自立した生活を促進し、また、障がいのあるなしに関係なくあらゆる社会活動に参加・参画し、地域住民としてその責任を果たすことができる共生社会の実現に向けた福祉サービスを提供します。

基本方針

「この子らを世の光に」する運動を推進します。
地域であたりまえに暮らせる生活環境を創りだします。
本人と家族・全ての人々の人権を擁護します。

活動目的

本人の幸せを願い、教育、福祉、 就労などの施策の整備、充実を目的とします。